スポンサーリンク



生活

冷蔵庫の買い替え お得な時期はいつ?

やぎさん
やぎさん
最近ウチの冷蔵庫が冷えないんだ
もぐらさん
もぐらさん
冷蔵庫も寿命もあるし買い替え時期を説明するね

一家に1台は欠かすことができない「冷蔵庫」
冷蔵庫がなければ、食材が保管できません。冷蔵庫がおかしくなる以前に、買い替えたいですね。
突然壊れると困ってしまう家電なので、冷蔵庫の寿命や買い替える時期を見極めることが大事になります。
慌てふためくことの無いように、もとより準備をしておくようにしてください。
ここから、冷蔵庫の買い替えや寿命、買い替える時期について説明します。
関心を持っている人は、ぜひともチェックしてください。

冷蔵庫の寿命はおおよそ8年~9年

メーカーや性能次第でも異なりますが、冷蔵庫の寿命はだいたいが8年~9年前後と言われています。
懇切丁寧に取り扱っていたにしても、おおよそ10年が買い替えの境目になってきます。
家電製品の寿命は、以前よりも短くなっています。
機能面があがり、技術が上がってきている分、寿命も延びているのではないのかと考えますが、逆というわけです。
メーカーは何としてでも製品コストを抑制しようとされています。
その為、家電製品に使う部品の耐久性や強度が低下しています。
従来の冷蔵庫と比べて寿命が短くなっています。
購入してから10年以上過ぎている冷蔵庫は、寿命が来ていると言っても問題ないでしょう

補修用性能部品の最低保有期間は?

製品には、「補修用性能部品の最低保有期間」が設定されています。
冷蔵庫の保有期間は9年です。すなわち9年以上越えると、補修する為に必要な部品が揃えなくなります。
買い替え時期は、最低保有期間を基準にして判断すればいいでしょう。
確かに、寿命も影響していますが、保有期間内で壊れた場合は部品を取り替えるだけで良くなることもあります。
あえて新しく買う必要性もありません。
しかし、保有期間外だと部品がどうしても手に入れることができなくなるのです
買い替えよりも修理に時間と面倒がかかってしまう為、買い替えた方がお得になります。
こういったように、補修用性能部品の最低保有期間も把握しておくといいのです。

新しい冷蔵庫はいつが買い時か?

寿命や買い替えの場合について説明しましたが、結論として、新しい冷蔵庫を買いたいと考えたときこそ買い替えの時期なのかもしれないですね。
冷蔵庫が使用しづらくなった、開けたり閉めたりが普通に出来なくなった、冷えが弱まってきたなど、幾つもの不具合が発生すると思われます。
不具合が起きたときこそ、「新しい冷蔵庫に買い替えよう」と考えているはずです。
そんな時が、もっとも買い替えるベストタイミングだと言えそうです。
不具合そのものを何もせず放ってしまうと、いつか壊れ、急に使用できなくなるでしょう。
冷蔵庫が急にダメになると、中身は腐ってしまいます。非常に頭を悩ますので、買い替えたいなと思ったときに、買い替えてください。

一般的に言われている買い時

一般的に言われている買い時を、「低価格で冷蔵庫を買える時」としたらば、一般的には「8月後半から9月」が望ましいと言われています。
そのワケは、冷蔵庫のモデルチェンジの時期と関連があります。
冷蔵庫メーカーは10月から11月にかけてモデルチェンジして最新機種を投入します。
これらの新機種が市場に出回ると現行モデルは、よく言う旧型モデルというわけです。
販売店とすれば、型落ち品は売れ難いので現行モデルを売り抜けようしていきます。
つまり、新機種の投入とのタイムラグやストック品の状況で8月後半から9月をお買い得な時期になっている理由です

機能・性能と価格のバランスは?

冷蔵庫を買うケースでは、価格に関係なく機能や性能もしくは使いやすさが型落ちより改良された点を評価する方もいるでしょう。
それに、10年振りほどに冷蔵庫を購入するならば、ちょっとくらい価格が高額でも、そんな時の新機種を買いたい心の中も見られます。
こうした場合、需要が下がっている1月後半から2月、販売店の決算月の3月も価格的に狙いどころではないでしょうか。
売れ筋品の価格動向グラフをみると、多くの場合1月後半から2月後半の間に下落があります。
この時期に量販店で価格交渉行ってみると、新機種でも安い価格で購入できる可能性は大きそうです。