スポンサーリンク



カーライフ

子供がいるなら軽自動車よりコンパクトカーを選んだ方がいい理由とは

やぎさん
やぎさん
軽自動車を購入しようと思うんだ最近は快適装備もいっぱいついてるし
もぐらさん
もぐらさん
軽自動車ならコンパクトカーの方が安全だし購入金額は変わらないよ

現在、軽自動車とコンパクトカーのどちらかを購入しようか迷われてあなたへ

特に小さい子供さんがいるのでしたコンパクトカーにして下さい。

軽自動車の性能は良くなっていますが、安全装備が付いたところも軽自動車は危険です。

事故はあなたが加害者にも被害者にもどちらにでもなる可能性がありますので、
子供の事を考えれば少しでも安全な方選びましょう。

あなたがどんなに安全運転を心掛けても慎重に運転していても被害にあう可能性はあります。

軽自動車はボディー剛性が弱いので衝突すれば当たり負けします。

コンパクトカーに比べて重量が軽いために衝突時に横転する可能性もあります。

どちらかに迷っているあなたにコンパクトカーがお勧めな理由を説明します。

安全性能ではコンパクトーカーと軽自動車はどう違う?

軽自動車については全長が3.4m以下で、幅が1.48m以下となっているのです。

そういう理由から天井を高めて居住スペースを広々と見せるワゴンに人気が集まっています。

その代わり安定感が少なめに、風の影響を受け易いといったデメリットが見られます。

コンパクトカーとは全長が4mくらい、幅が1.7m以下ですので、天井が低くても居住空間にスペースがあるわけです。

それだけに安定感も高まるということなのです。

安全性においては、NASVA(自動車事故対策機構)からの評価が役に立ちます。

特に軽自動車とコンパクトカーでは前面から衝突受けたというようなケースでの助手席や後部座席の保護性能で違いがついてきます。

他には予防安全性能についてもコンパクトカーのほうが有利になります。

軽自動車については対歩行者の自動ブレーキなど車線の逸脱を抑制する機能が劣る傾向にあるといえます。

乗り心地や使った感じ、安全性能にも重点を置いているコンパクトカーを選んでください。

軽自動車とコンパクトカーの購入費用比較

最近の軽自動車は電動パワースライドドアや普通車並みの装備が沢山つているため車重が重くなり、
購入するのであればターボ付き車を選ばれる傾向です。
ただしターボ付きの軽自動車のなれば200万円前後の価格帯になりコンパクトカーより値段が高くなります。
それでも税金面では軽自動車の方がお得な感じがしますが、車の購入時には値引きがありますよね?

よく売れている軽自動車では5万円も値引きしてくれないでしょう。
それに比べてコンパクトカーの販売ではかなり期待してよい額の値引きがでてくるでしょう。
購入する際もコンパクトカーがお得になるでしょう。

 

個人のカーリースをおススメしない5つの理由!! 現在CMや広告などでよく見る個人のカーリースを考えてるあなた 月々1万円で新車に乗れてメンテナス費用も車検もコミコミと...

コンパクトカーが子供のいる家庭にお勧めなポイントはここ

コンパクトカーは5人乗車

軽自動車は、いずれのモデルも乗車人数は4人までと決められています。

子供が小っちゃくて後部座席にチャイルドシートを設置するとなったら3人がいっぱいいっぱいでしょう。

コンパクトカーは一部モデルは省いて5人乗車です。

後部座席においてはチャイルドシートを2つ取り付けられる余裕があるのです

軽自動車に比べてエンジンに余力がある

子供やファミリーでお出かけになると軽自動車なんかよりもコンパクトカーの方がエンジンにも余力があり高速道路や坂道などにおいてのストレスのない走行が可能だと考えます。

それに車体の構造から判断すると軽自動車と比べてコンパクトカーのほうが頑強に出来ているかと伺えますので安全性ではコンパクトカーが越した事はないだろう。

もちろんですがコンパクトカーにおいても、軽自動車で馴染みがあるスライドドアを搭載したり、車の中のウォークスルーが出来たりするモデルが存在しますから、育児中でも不自由しないでしょう。

軽自動車とは異なって、大人数で乗車しても荷物を積載しても、いつも通り走れるのは有難いところです。