スポンサーリンク



生活

梅雨での洗濯物の乾かし方のポイントはここ!室内干しでもコツを掴めばニオイも大丈夫

梅雨の洗濯物は、天気も崩れ易いから干すタイミングが難しいです。

そうかといって洗濯物をため込むこともできず、室内干しはニオイが気に掛かる状況です。

そういった梅雨時に頭を悩ませる、洗濯物の乾かし方について紹介していいきます。

乾きにくい理由やニオイがもたらされる原因が把握できると 室内干しでもきれいに乾かすことが可能だと言えます。

梅雨時の洗濯物にまつわる悩み?

梅雨時の洗濯物は乾かすのが本当に手間がかかります。

外に干せばいきなりの雨で台無しになってしまい 室内に干せば生乾きの嫌なニオイがついてしまいます。

晴れの日を待った結果、洗濯物がビックリするほど溜まってしまった、といったようにどのようにしたらいいか困り果ててしまいがちです。

梅雨は雨がたくさん降り崩れがちな天気で湿度が高いということはたくさんの人が抱くイメージですが この湿度というものに関しては空気中に含まれる水分の割合を表現したものなのです。

一年を通して湿度の高い時期は梅雨以外でもありますが 空気は気温が暖かい方が湿気を含みやすいため 夏前の梅雨時期こそ最も湿気の量も増えているのです。

一方、雨を防げる室内干しは梅雨の洗濯物を乾かすのに便利ですが 生乾きのようなニオイがついてしまうのが大きな懸念材料です。

これは湿度の高い室内で乾燥させる間に 雑菌が繁殖してしまうためにニオイが発生してしまうことになります。

乾きにくくニオイも発生しやすい状況になっています。

さらにニオイの原因を知るともっと対策が出来ると思います。

やっぱり室内干しがベスト?でもニオイはどうしたら大丈夫なの?

雨も降りやすく太陽が隠れてしまいがちな梅雨の時期に、屋外で洗濯物を干すのは なかなか難しいので、やはり室内干しが梅雨の洗濯物の乾かし方がオススメです。

なぜかと言うと、天気を変えることなど不可能ですが 室内の環境を変えることでニオイを防ぐことはできるのです。

ニオイを防ぎ乾燥を早めるコツを掴めば、パリッと爽やかな洗濯物を室内で仕上げることが可能だと言えます。

洗濯前の汚れている洋服をほったらかしにしない

まずは、雑菌の発生を防ぐために洗濯ものをためこまないようにしましょう。

皮脂や汚れが雑菌のエサとなってしまうので、梅雨時期でもこまめに洗濯するのが大切です。

室内の湿度をできる限り低く抑える

湿度が高くなることで雑菌の繁殖が活発になってしまいます。

除湿機や除湿剤などを活用して室内の湿度をできる限り抑えることを意識しましょう。

浴室乾燥が付いているならお風呂で干すのもおすすめです。

風通しを良くして湿気を含んだ空気を停滞させない

更に、湿気を含んだ空気を停滞させないようにエアコンや 扇風機、換気扇を使って風通しを良くしてあげるのも大切です。

雑菌の繁殖を防ぐだけでなく乾燥の時間も早めてくれます。