スポンサーリンク



カーライフ

スタッドレスタイヤの寿命と交換時期はいつ?普通のタイヤとの違いはどこ?

スタッドレスタイヤって価格が割高だけど冬が近くなると欲しくなりますよね。

冬場で遠出をする時にスタットレスタイヤに変えておくと安心できます。

ただしやはり値段が高いですよね

安心安全の為のにほしいですね

せっかく決意を固め買うなら、少しでもスタッドレスタイヤの事を知っておきましょう

そしてスタッドレスタイヤの寿命について色々と調べてみました。

スタッドレスタイヤとは?

スタッドレスとは凍った道路や雪で積もった道路などを走行する為に開発されたタイヤです。

走行する為に開発されたタイヤです。

チェーンに比べて脱着の手間が無い事から日本でも普及したのですが積雪のない道路や凍った道路以外で走行すると
道路が削れたり痛んだりの問題がでるようになりました。

そして、その粉じんなどから健康被害が出るようになり見直しがされました。
そこで開発されたのが現在、主流でもあるスタットレスタイヤです。

別名で冬タイヤとも言いますね。

何故、滑りにくいのか?

深い溝

タイヤが滑る原因の一つとして言われているのが水の膜です。

雪や氷の上を車が走ると、タイヤと雪や氷の間で摩擦熱が生じます。

その摩擦熱によって雪や氷が解けて水の膜が出来てしまいそれがタイヤの間に入ってしまい滑ってしまうようです。

スタットレスタイヤは深い溝をしている事により滑りづらい状態を作り出します。

積雪を走るとタイヤの溝に雪が入り込みますがこの深い溝の構造によってタイヤが回転する時に詰まった雪が落ちます。

そして、雪をしっかり噛んでくれる事によって駆動力が上がっています。

サイプ

スタッドレスにはサイプと呼ばれる細かい切れ目が入っています。

このサイプがあることによって接地部分の抵抗を増し駆動力を増しています。

やわらかいゴム

スタッドレスのタイヤのゴムは非常に柔らかいゴムで出来ています。

このゴムが伸縮したり変形をする事によって、雪が溝から落ちやすくなっています。

また、一般的にゴムの性質上、低温になるほど固くなってしまう傾向があります。
そして、固くなってしまうと滑りやすくなってしまうんです。

ですので、スタッドレスには柔らかいゴムが必須とも言えますね。

以上の事からもスタッドレスタイヤの性能とは

溝の深さや、サイプ、ゴムの性質や柔らかさで決まっていると言えるでしょう

では、スタッドレスタイヤの意味や構造、普通のタイヤとの違いが分かったとして

買うとなればやはり価格が少し割高です。

なるべく長く使いたいです。
しかし、寿命が切れた事を知らずに走ってしまうと命の危険も出てきます。

それではお財布にとっても、命にとっても大事な部分でもあるスタッドレスの寿命の見極めについて調べたことをまとめていきます。

スタッドレスタイヤの寿命は?

スタットレスタイヤの寿命を図るポイントとして溝の深さとゴムの柔らかさがあります。

ゴムの柔らかさをみる

柔らかさは目視では難しく、専用の機器でもあるタイヤ硬度計を使います。

この硬度計を使ってゴムの柔らかさを測定して判断するようです。

硬度計はゲージの下部に針が出ています。

その針をタイヤに押し付ける事で数値が図れる仕組みになっているようですね。

かんたんに言うと、硬度計の緑の範囲だったら、まだ大丈夫と言うサインで黄色は要注意、赤は要交換という指標になります。

簡単に言いましたが、使う場合は細かい詳細等を説明書をしっかり読んだ方が良いです。

溝の深さをみる

まず溝の深さが新品で購入した時から50%摩耗したら、その性能は発揮できなくなります。

見た目だけでは判断しづらいと思いますが

ちゃんと目印になるプラットフォームと呼ばれるものが付いています

プラットフォーム

タイヤの側面に矢印が付いています。

その矢印の方向の溝の部分を見るとプラットフォームと呼ばれる凸の部分が見えます。

こことタイヤの摩耗をみて判断します。

ただしこのプラットフォームがある場所ってタイヤの側面ではなく地面に接地する箇所にあります。

正直言いまして見るのがかなり面倒だと思いますが少しづつ車を動かし見える所で停止させましょう。

そして長持ちさせる為に冬の時期が過ぎたら
スタッドレスタイヤを履き替えて保管する事もおすすめします。

保管する場合はしっかりと保管して長持ちさせましょう。

スタッドレスタイヤの寿命を長くする為に
スタットレスタイヤはゴムの柔らかさも大事です。

雨ざらしで放置はしない方がタイヤの寿命が延びます。

また、時期が過ぎたら必ず履き替えるようにしてください。。

まずスタットレスタイヤに泥や融雪剤、油脂などが付いている場合は水洗いをして水分を十分に拭いてください。

保管の際は、そこらへんに野ざらしにしないで、シッカリと保管します。

直射日光や雨、水・油類・ストーブ等の熱源及び電気火花の出る装置に近い場所は避けるようにしてください。

そして、出来れば専用のラックを使って保管するのが一番良い様です。

地面に置く場合は下に何かを引いて濡れない様にしておきます。

スタッドレスタイヤの寿命と普通のタイヤとの違いをまとめました。