スポンサーリンク



未分類

冷湿布と温湿布の違い何?使用する方法は

やぎさん
やぎさん
肩が痛いんだけどあったかい湿布と冷たい湿布どちらがいいんだろう?
もぐらさん
もぐらさん
いろいろな場所での2種類の湿布の使い方を紹介していきます

 

いろいろシーンで活躍している湿布ですがその種類も今ではかなり多いです。

人によっては、どんな痛みにもとりあえず冷湿布を貼れば良いと考えている人もいるかと思います。

しかし、場合によっては症状が悪化する場合もあります。

実はその症状によって、冷やすべき場合と温めた方が良い時があります。

湿布には大きく分けて温湿布と冷湿布があります。

この2つの種類を症状に合わせて使っていく事が大切です。

今日はそれの使い分けについて紹介していきたいと思います。

冷湿布(冷やす場合)と温湿布(温める場合)の違いとは?

冷やしたほうが良い場合は、主に患部が熱を持っているときです。

実は急な痛みが生じた時は主に体の深部で炎症が起こっています。

そのため患部を冷やして炎症を鎮めることが重要です。

打撲やねんざで腫れ上がり痛みがある所には冷湿布は効果的です。

冷湿布を貼ることで患部付近の血管を収縮させ新陳代謝を低下させます。

その結果、炎症がおさまり鎮痛効果も得られます。

逆に温めたほうが良いのは、筋肉がこわばっているときです

腰痛などの慢性的な痛みには温湿布がお勧めです。

肩こりなども温湿布が良いとされています。

患部を温める事で血管が広がり血液の流れが良くなり新陳代謝が促進されます。

そうすると、筋肉のこわばりが良くなっていき改善されていきます。

湿布の成分も冷湿布と温湿布で違う冷湿布には主にメントールが使われています。

アメなんかにも含まれている、スーッとする成分のことです。

これが含まれていることで患部に貼った時に冷たいと感じるようになっています。

では温湿布はどうでしょうか?

温湿布には唐辛子に含まれているカプサイシンが使われています。

これによって温かさを感じるようにできています。

しかし温湿布で気をつけたいのはカプサイシンによる刺激です。

人によっては刺激によって患部がかゆくなったり場合によっては発疹が出ることもあります。

湿布を使う時に注意する点と選び方

湿布を張り替えずに、ずっと使っていると貼った場所に発疹が出る場合があります。

貼る所を一度拭くなどして汚れをとっておくとこういったことが起きにくくなります。

湿布は副作用も少ないのですがこういったこともあるので気をつけて使いましょう。

また、湿布の種類はかなり多くどれを使ってよいか迷う事も多いですよね。

その判断基準の1つとしては炎症を起こしているかいないのかで判断すると良いでしょう。

炎症が起きていない場合はその用途によって自分好みでどれを選んでも大丈夫です。

しかし、炎症が起きているのでしたら、冷やした方が良いです。

この機会に自分好みの湿布を探しておくと良いでしょう