スポンサーリンク



カーライフ

車酔いの原因と対策方法 乗り物酔い予防対策は?

予防方法と現実に酔った時の対策法を熟知しておくことですこし症状が回復することも考えられます。

車酔いの原因と対策に関してまとめました。

 

車酔いとは

車酔いは、交通手段の振動や人体に加速度が訪れることが原因で三半規管が刺激されて見られる現象で、自律神経の崩れが発生したものです。

人類は振動を内耳と皮膚、筋肉における感覚器で感じるのです。

振動が発生すると内耳に刺激がかかりますが、

強い振動が繰り返して生じると内耳に加わった刺激と

視野や筋肉の感じ取る知覚において不均衡が現れてしまい、感覚が乱れます。

このことを平衡機能障害と言われています。

平衡機能障害が自律神経症状に結び付いたものを車酔いと言っており、

あくびや冷や汗、吐き気など、自律神経が原因の症状が中心です。

 胃腸などを含んだ内蔵が振動するためこういった症状が生じます。

 

子どもだった頃に車酔いしていたのに成人になるにつれ改善されたといった場合は、

三半規管が発達して自律神経の知覚のずれが起こりにくくなると裏付けがあるのです。

 yoi

乗り物に酔ってしまう原因と対策は?

乗り物酔いが生じる原因は、気持ち悪い状況がストレスという形で、自律神経に支障が出ることで、

胃のバランスを失った動きなどの症状に見舞われてしまうことです。

幼い子どもたちのほうが大人に比べて乗り物酔いしがちなのも、

この三半規管などが未発達で平衡機能が乱されやすいのが発端です。

 

 

乗り物に乗車する前に乗り物酔い対策

最初に背景にあるのは平衡感覚の崩れが原因で、

先ずは頭のはたらきが下がってしまった状態を回避します。

また、自律神経の影響され易い胃腸にも負担をかけないことを心がけることも重要な点になります。

具体的に言うと、下にあげた点を押さえましょう。

 睡眠時間をじっくり取る空腹・満腹状況は共に回避する

洋服は、人体を締め付けが生じないものにする

乗り物酔いへの自信が持てない時は、

先だって酔い止めの薬を飲用しておく事が大切になります。

a0008_002230 

まとめ

酔って具合が悪くなることを、想像していると酔わない物でも気持ち悪くなります。

第一段階は弱気にならないことが重要です。

排ガスや香水の匂い睡眠が足りない状況や体調の疲れスマホや本を見てうつむく

 こういったものが酔いを深くさせる主だった原因ですので、前の日は睡眠をキッチリとって

マスクなどを利用してニオイを断つことこそがお勧めできます。

また、振動が強い場所にすわっていると身体がゆさぶられて酔いを助長しますので、

できるだけ揺れないゾーンに移動することが大事になります。

車酔いは慣れで治ることがあるのです、酔いへの対処法を体験して具合を悪くしないで

自信が付いて来ます、時間を掛けて酔わない体質になるとおもいます。