スポンサーリンク



生活

薄毛とAGAの違いとは?髪が抜ける理由とは?

AGAと薄毛の違いとは?

 

AGAと薄毛のトラブルは随分よく似かよっています。

 しかしながら比較にならない程異なるものとも言えます。

AGAは別の名を男性型脱毛症と呼んで、成人男性に数多く見られる状態で、抜け毛や薄毛がジワリジワリと進展していく場合が特徴となります。

額の生え際や、頭のてっぺん辺りの髪の毛が、薄らいで行く場合がほとんどです。

しかし薄毛は、オーソドックスなものに円形脱毛症を伴い、限定的にスッポリと毛髪がなくなっても、要因を取り去れば瞬時に毛髪が発毛してくるという特徴が見受けられます。

 

薄毛のケースではいつ頃、何処の部位が薄くなるのかは予測できないので、この部分に関してもAGAとは異なると明言出来ます。

薄毛について

 

薄毛は、全般的な状態が限定的だというケースが多いと言えます。

その事から、その薄毛が起こる原因を取り除けるよう尽力すれば、当初の状態の毛髪に戻る可能性が高く残されているのです。

 しかしながら、薄毛は暫定的なものですからと何もせず放っておくと、増々症状が進み行くと言いますのも大きな特徴で、迅速に療法に取り組んだり、薄毛対策を実施することが重要であるものです。

 

 

AGAについて

 

AGA(エージーエー)については、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

成人男性に頻繁に考えられる髪が薄くなるケースのこととなります。

思春期以後におでこの生え際や頭のてっぺん辺りの髪が、いずれか一方、あるいは両方によって薄くなっていくのです。

一般的に言って遺伝や男性ホルモンの影響であったりがメインの原因と言われています。

脱毛が進行して、うす毛が目に付くようになります。

 

 

AGAの特徴

 

AGA(エージーエー)は脱毛・うす毛がジワリジワリと進展していきます。

毛包が充分育ってくれないことから、毛髪が太く長く成育しない状態で脱毛します。

ですが、AGA(エージーエー)では一般的に、うす毛になっていたとしても、うぶ毛は残存しています。

AGAが発生する原因とは

 

AGAになる原因は主として男性ホルモンだと考えられます。

髪というもの成長期、退行期、休止期といった発毛サイクルを経て、生え替わる事を繰り返しますが、 DHTと呼ばれる男性ホルモンの関わりによってこの発毛サイクルが悪化することで、 AGAという薄毛の事態が生じます。

DHTは、テストステロンという名の男性ホルモンが還元酵素により 変換させることができるので生成されます。

このことがAGAの直接的な要因です。 それ以外にAGAの要因としては、食事内容やストレス、運動不足なども関与していると言われています。

毛包が存在しているのなら、毛髪は太く長く育つ可能性があるでしょう。何があってもあきらめることは必要ありません。